高圧洗浄機を静音性で選ぶなら

■マンションや住宅密集地で使用する!

高圧洗浄機をマンション、あるいは住宅密集地で使用するなら、選び方を音の静かさに合わせることがポイントです。

洗浄力や使い勝手も大切ですが、音も高圧洗浄機の使用感に関係しますから、重要な条件として選び方に加えることが必要です。

特に、マンションは近隣との距離がとても近いので、ちょっとした騒音源がトラブルになるケースが存在しますよね。

高圧洗浄機は進化しているので、最近の製品は静かになっていますし、住宅密集地でも気にならないことはあります。

しかし、それでも少なからず音が出ますから、選び方には細心の注意を払うことがおすすめです。

動作音が静かなら、マンションでも気兼ねなく使えますし、少し遅い時間でも使える可能性が高まります。

近隣に対する影響に悩むことなく、自由に清潔なお掃除が始められるので、静かな製品を重視する選び方は合理的ですね。

また、選び方に迷った時は、高圧洗浄機の仕組みに注目して、その違いを把握するのが効率的です。

マンションや住宅密集地に住んでいても、洗浄機を使ったり、逆に近隣住民が使っていなければ、音の問題には気が付きにくいものです。

機械の動作音は、特徴的だったり意外と耳に付くことがありますから、静かな方式で絞り込み、静かさが評判の製品を検討する選び方が理想的です。

騒音が気になる高圧洗浄機の音は、水が出る度に発生する連続音が特徴で、聞こえ方によっては工事の作業音にも聞こえます。

つまり、夜間に発生する音としては大き過ぎますし、日中でもマンションや住宅密集地では気になるでしょう。

どの時間帯で使うにしても静かな方が使いやすく、使用する本人の気持ちにも余裕を持たせてくれます。

選び方のコツは、動作方式にありますから、絞り込むのは思いの外難しくなく、初めてでも比較的簡単に選べます。


■インタグションモーターの水冷式がおすすめ!

インタグションモーターは、一般的なモーターと違い、物理的に擦り合う仕組みではないので音が静かです。

回転軸が擦れませんから、この仕組を採用している高圧洗浄機は、聞こえる動作音の殆どが水に関係する音だけです。

勿論、全く音のしないモーターは存在しないので、多少響きはするものの、音の大部分は本体の内部に留まります。

何より、従来から高圧洗浄機の音は、その主な発生源がモーターだったので、根本的に仕組みが変わると音の質も変化します。

騒音自体は下がりましたが、特徴的な不快音も減少していますから、やはり選ぶならインタグションモーターの水冷式に軍配が上がりますね。

製品の選択肢は非常に多いので、選び方に迷いが生じるのは当然ですが、仕組みを一つ覚えるだけで選びやすさが大きく違います。

インタグションモーターを基本条件として、次に予算の範囲を決めて絞り込み、付属品や使い勝手の評判に目を通し、最後はデザインやメーカーで決めると良いでしょう。

このように、選び方のヒントや順番を知るだけでも、種類が多過ぎて選びにくかった製品は、難しく考えなくても選べるようになりますよ。

音の大きさや質は、実際に聞いてみなければ分からないので、機会があれば方式による音の違いを比べてみると良いですね。

ただ、実際に比べるのは難しいことが殆どですから、方式の特徴や違いだけでも把握して、製品選びに入ることが大切です。

少なくても、インタグションモーターの水冷式ならハズレを引く恐れが小さく、有名メーカーの製品であれば、快適に使える可能性が十分にあります。

迷いに迷って選び方が分からなくなったら、一度最初に戻って仕切り直し、インタグションモーターをヒントに絞り込むと選びやすくなります。

選び方は人によりますが、マンションや住宅密集地で使う予定ならまず、静かな動作音の方式を知ることが満足の製品選びに結び付きますよ。

高圧洗浄機の選び方|このように比較してヒダカに決めました!のTOPページへ戻る